バッキーピンボール

Edgecross認定対応機器(PLCなど)から
実績データを自動収集できるフレームワークです。(※当社はEdgecrossコンソーシアムのメンバー企業です)

365日24時間運用に対応しており、ネットワークや機器、電源断などの障害時の可用性を担保するため
相互ホットスタンバイ機能を実装しています。(エッジPCの機種やOSに依存しない機能です)
当社U-Mate®シリーズ業務フレームワーク及びAI / OCR / RPA各ソリューションと組み合わせ、
お客様の目的(de)やご要望に合(he)わせ柔(rou)軟にカスタマイズや機能拡張の開発に対応いたします。

概要図

  • ハンディーターミナルやスマートデバイスに加え、PLC(シーケンサ)や産業ロボット、各種センサーからの実績を一括管理できます。
  • 各機器の時刻補正(ntp)も行えます。
弊社は「EDGECROSSコンソーシアム」のメンバー企業
概要図

相互監視ホットスタンバイによる自動フェイルオーバー及びフェイルバッグ機能

  • 365日24時間稼働のラインに対応します。
  • 2台以上であれば奇数台にも対応が可能です。
  • ハードウェアやオペレーティングシステム(OS)機能に依存しない機能です。(相互監視用のNICが別途必要です)
  • エッジPCの稼働状況を相互監視し、障害発生時に監視対象のエッジPCのデータ収集処理をリアルタイムに代替します。監視対象のエッジPCの復旧を検知すれば自動的に処理を元に戻します。
相互監視ホットスタンバイによる自動フェイルオーバー及びフェイルバッグ機能

各製造設備への生産指示パラメータの事前転送が可能、指示と実施結果を一元管理

  • 生産指示パラメータをエッジPCから各生産設備に転送し、実施後の結果を収集できます。
  • 生産指示パラメータのデータは実施前であれば書き換えも可能です。
各製造設備への生産指示パラメータの事前転送が可能、指示と実施結果を一元管理
製品紹介一覧に戻る

PAGE TOP